クラミジアの症状と検査方法

日本で最も感染者が多い性病、クラミジア

クラミジアは、現在日本で最も多い性感染症です。厚生労働省の報告によると、平成28年の感染者数は24,396人で、性器ヘルペスの9,174人、淋病の8,298人などに比べて、文字通り桁違いの感染者数です。

自覚症状が乏しいため、感染に気付かずに潜伏させてしまうことが多く、いつの間にかパートナーに感染させてしまうという困った病気です。しかも自然治癒することはないので、放っておくと、症状に気付く頃には重症化していて、治療が難しくなります。
また様々な合併症を起こしやすく、HIVや淋病など、ほかの性病に感染するリスクも3~5倍ほどに跳ね上がります。

クラミジアは早期発見、早期治療が非常に重要です。

クラミジアは自覚症状の少ない感染症ですが、性行為のあとに性器に違和感を感じるなど、少しでも変だなと思ったら早めに検査・治療に踏み切って下さい。
クラミジアの検査も治療も、初期発見してしまえば、苦痛を感じるようなものではありません
悩んでいるうちに重症化させることほど、残念なことはありません。治りづらくなったり、ほかの病気との合併症を起こしたりする前に、思い切って検査&治療を受けて下さいね。

一般的には検査も治療も病院で行いますが、現在は、非常に検査精度の高い自宅で使えるクラミジア検査キットも、クラミジアの特効薬とまで呼ばれる抗生物質・ジスロマックも、通販で手に入れることが出来ます。つまり検査も治療も、随分ハードルが低くなってきています。
安心してクラミジアの検査と治療に取り組んで下さいね。

クラミジアの症状

女性のクラミジアの症状

女性はクラミジアの自覚症状がない場合が多いのが特徴です。しかも、感染後すぐに症状が現れる訳ではなく、1~3週間の潜伏期間を経て、やっと初期症状が現れるのです。1~3週間というと随分開きがある感じがしますが、ここは感染者の個人差です。

クラミジアの初期症状はおりものの変化です。男性の尿道口から膣へ侵入したクラミジアの原因菌、クラミジア・トラコマチスは、子宮頸管に感染します。ここで子宮頸管炎を起こします。すると、おりものが変化します。量が増えたり、膿のようなものや白や薄黄色のおりもの、また臭いおりものが出たりします。

感染した菌の量が多いと、いきなり子宮内膜も感染してしまいます。そして子宮内膜炎になると、下腹部不快感、下腹部痛、発熱起こります。人によっては腰痛や不正出血が起こることもあります。

ここまで来ても、クラミジアの感染に気付かない女性もいます。何故ならこれらの症状は、単なる婦人科系の不調としてもよく起こる症状で、いつもの不調かな?と思ってスルーしてしまうこともあるからです。

近年、妊婦のクラミジア感染が問題になっています。これは女性が、自分のクラミジア感染に気付かぬままに妊娠してしまい、妊婦健診などで感染が発覚するケースです。

国立感染症研究所によれば、妊婦検診を受けた妊婦の3~5%にクラミジア感染が確認されました。しかし、全ての産婦人科で検査が行われている訳ではなく、また妊娠中に検査を受ける女性は、全体の60%と言われていますので、実際はもっと多くの感染者がいることが予想されます。

妊娠初期に気付けば治療がうまくいく確率が上がりますが、出産までに治療が完了しないと、出産時に赤ちゃんが産道を通る過程でクラミジアに感染してしまいます。

そうならないためにも、ちょっとした不調を「これはいつもの」などと自己判断せずに、こわがらずにすぐに検査する習慣を持つようにしましょう。

男性のクラミジアの症状

男性の場合には、女性に比べてわかりやすい症状が現れます。

まず尿道が痛み、透明な膿が出てきます。膿は微量のため、発見するためには注意が必要です。この初期症状を放置しておくとやがて排尿時の痛みが激痛へと変わります。放置しておくと前立腺にまでクラミジアの菌が到達し、激しい痛みを伴う腫れを発症します。前立腺には抗生物質が届かないため、こうなると治療は非常に厄介です。

喉への感染も非常に増えています。扁桃腺に感染するため、最初は風邪と勘違いして内科にかかってしまい、治療が遅れるケースがあります。

病院で診断してもはっきりとした原因が分からず、風邪と誤診されて、風邪薬を処方されることもあるので、もしかしてクラミジア?と少しでも思ったら、内科や総合病院ではなく、泌尿器科・性病科などの専門クリニックで検査しましょう。

クラミジアの検査

どのような病気でもそうですが早期発見・早期治療が肝心です。クラミジアの疑いがある場合には、まずは検査して感染の有無を確かめましょう。

検査の手順として大きくふたつの方法が考えられます。ひとつは病院や保健所を訪問して検査をする方法、そしてもうひとつは検査キットを購入して自宅で検査をした後に、検査機関に郵送して判別してもらう方法です。

病院や保健所を利用して検査する場合

病院は総合病院ではなく、性病科や婦人科、泌尿器科などが診察科目にあるクリニックを訪問すると良いでしょう。総合病院では、なかなか原因を定めることができず、治療が遅れる場合があります。

病院なら保険が適用されますので、3000円程度で検査が実施できます。

治療は投薬治療になりますがジスマロックという処方薬が2000円ほど。地域の保健所なら無料で検査が可能ですが、その後の診療ができません。
検査から治療までを一気に進めたいのならば、やはり最初からクリニックに行くのがいいでしょう。

検査キットを利用して検査する場合

非常に検査精度の高い検査キットを、インターネットで購入することが出来ます。クラミジアの検査キットでは、拭き取り棒で性器から細胞を取り、同封の専用液とテスト容器で検査を行います。

病院に出かける手間と心理的抵抗なしで誰にも知られずに自宅でクラミジア検査が出来るというメリットがあります。

もし陽性が出たら、一般的には病院で治療を始めることになりますが、病院で処方されるのと全く同じお薬を通販で買うことも出来ます。

まさかクラミジア!?自宅で調べる
クラミジア検査キットの通販
クラミジア検査キット
もしかして、クラミジア!?検査しなくちゃ、けど病院に行く時間が……勇気が……そんな貴方に朗報!精度の高い検査キットでおうちでこっそり調べることが出来ます。

クラミジアの感染はいつ・どこで起こる?

クラミジアの病原体はクラミジア・トラコマチスです。実は非常に弱い菌で、人間の細胞の中でしか生きられません。そのため、他の病原菌のように、保菌者が使用したタオルや、温泉などを経由して感染する可能性はありません。

しかし、保菌者との粘膜同士の接触においては、非常に高い感染力を発揮し、感染の確率は何と50%。つまり2回に1回の確率でクラミジアが伝染してしまうのです。これがクラミジアの大きな特徴です。

またクラミジアは、感染力の強さゆえ、体調に関係なく伝染します。つまり体調が良くても、免疫力が低下していなくても、容易に感染する病気といわれています。「私は丈夫だから平気」などと過信することなく、疑わしい時は直ちに検査してみてくださいね。

クラミジアが感染しやすい人間の粘膜は数カ所あります。それは口腔、喉、鼻、耳、まぶたの裏、そして性器と肛門ですが、特に喉、性器、肛門に感染します。
これらの粘膜は、性行為の時に、粘膜同士の接触がある箇所だからです。

また、性感染症ほど多くはありませんが、目や鼻の粘膜から感染し、炎症を起こすこともあります。

トラコーマという病名の結膜炎を聞いたことがあるかもしれませんが、これはクラミジアと同じ病原菌を持つ病気です。アジアやアフリカでしばしばみられる病気で、海外旅行先で結膜炎にかかった場合には、トラコーマに感染した可能性があるので注意が必要です。

このトラコーマは、クラミジア菌を触った手で目をこすることで感染します。そのため、もし海外旅行に行ってもいないのにトラコーマを発症した場合、ご自身かあるいは同居の家族の中に、クラミジア感染者がいる可能性が高いです。対策としては、性器をいじった手で目をこすらないようにして下さい。そしてご家族で話し合って、一度全員できちんとクラミジア検査を受けてみて下さい。

まさかクラミジア!?自宅で調べる
クラミジア検査キットの通販
クラミジア検査キット
もしかして、クラミジア!?検査しなくちゃ、けど病院に行く時間が……勇気が……そんな貴方に朗報!精度の高い検査キットでおうちでこっそり調べることが出来ます。
ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。