クラミジアの感染原因と予防

このページでは、クラミジアの感染原因と予防について解説します。
クラミジアは感染力の高い性病で、粘膜同士の接触だと1/2の確率で感染しますが、菌自体は弱く、人間の粘膜以外で生きられません。そのため、温泉やプール、またはバスタオルなどからうつることはありません。
クラミジアの感染の予防には、粘膜同士の接触を避けるコンドームが非常に有効です。感染の正しい知識と、予防のために有効な手段を学びましょう。
ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。

1/2の確率でクラミジア感染!?

強い感染力を発揮する粘膜同士の接触!

クラミジアは感染力が非常に強い性病です。クラミジアのキャリアとの性行為をすると、感染の確率は50%です。これは他の性病や感染症に較べ、極めて高い確率と言えます。

クラミジアは、粘膜同士の接触によって感染します。粘膜とは、まぶたの裏や鼻、性器、口腔、耳、肛門のことを指します。性器同士の接触はもちろんのこと、口と性器の接触させるオーラルセックスでもクラミジアは感染します。

特に喉の奥まで性器を埋める行為は、喉の粘膜を傷つける恐れがあると同時にクラミジア感染のリスクを高めることになります。

温泉やプール、タオルなどからはうつりません

粘膜同士の接触においては非常に感染力の高いクラミジアですが、原因菌そのものは、実は非常に弱い菌です。人間の体を離れると死んでしまいます。水に弱いため、手足口病のように温泉やプールで感染することはありません。逆に乾燥にも弱いため、水虫の原因菌である白癬菌のように、同じタオルを使ったせいでうつることもありません。

家族へうつしてしまうということ

恋人や配偶者は最も感染しやすい

クラミジアは性行為によってうつる感染症ですので、恋人や家族にうつしてしまう危険のある病気です。

もし感染が判明したら、パートナーにも検査してもらい、一緒に治療に取り組んでいきましょう。片方だけが完治しても意味がないのです。また同じパートナーからうつされて、いわゆる「ピンポン感染」状態になってしまいます。

治療を行う際には、パートナーと同時に行い、双方が完治したことを確認してから性行為を再開ましょう。早期発見であれば、2週間程度で完治します。その間は性行為を我慢して治療に集中しましょうね。

クラミジアの母子感染

母親がクラミジアの感染に気付かぬまま妊娠→出産をすると、子供にクラミジアが感染してしまいます。出産のときに子供が通る「産道」、具体的には子宮下部、子宮頸管(しきゅうけいかん)、腟、外陰部(がいいんぶ)などを通過する際に感染してしまうのです。

母親がクラミジアの治療を受けないまま、通常分娩した場合の母子感染の確率は70%以上と言われています。そして生まれてくる赤ちゃんの18~50%がクラミジア結膜炎に、3~18%の赤ちゃんがクラミジア肺炎となります。

また、生まれたあと1歳くらいになってから、急性気管支炎などを繰り返すので検査してみたところ、子供の軌道からクラミジアが検出された例もあります。

母子感染を避けるには、早期発見・早期治療が何よりも重要となってきます。妊娠初期~中期までのクラミジアは、流産の原因になりますし、妊娠後期からの治療では、分娩までにクラミジアを完治させることが出来ずに、赤ちゃんに産道感染させてしまう可能性がぐっと上がってしまうからです。

妊娠が分かったら、是非クラミジアの検査をして下さい。生まれるまでに治療を終わらせることが出来たら、赤ちゃんへの感染の確率はぐっと下がります。繰り返しになりますが、クラミジアは早期発見・早期治療が非常に重要なのです。

まさかクラミジア!?自宅で調べる
クラミジア検査キットの通販
クラミジア検査キット
もしかして、クラミジア!?検査しなくちゃ、けど病院に行く時間が……勇気が……そんな貴方に朗報!精度の高い検査キットでおうちでこっそり調べることが出来ます。

クラミジアの予防策

必ずコンドームを使用しましょう

粘膜同士の接触で感染するクラミジアの予防にはコンドームの使用が有効です。クラミジアは口内や喉にも感染するため、オーラルセックスの際にも着用するようにしましょう。また、粘膜が傷付くと感染の可能性がアップしてしまうため、喉の奥にまで性器を入れるような無茶なプレイはしない方が無難です。

多数のお相手と性行為をしない

当たり前ですが、セックスのお相手が多ければ多い程、感染の可能性は高まります。自分が感染している場合は、多数の相手にうつしてしまうことにもなります。特定の相手と安心出来る性生活を心がけましょう。

もしも感染したら、治療はパートナーと同時に

ピンポン感染」を防ぐためには、自分とパートナーの両方が完治しなくてはなりません。でないと、せっかく片方が治っても、また同じ相手からうつされてしまうことになります。
言いづらいときもありますでしょうけれど、もしクラミジアに感染してしまったら、パートナーに必ず打ち明けて、一緒に病院で検査&治療を行って下さいね。

ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。