クラビットってどんな薬?ジスロマックとの違いを徹底検証

このページでは、クラビットについて解説していきます。
クラビットはジスロマックとは別種のニューキノロン系に属する抗生物質で、幅広い菌類に効果を発揮します。クラミジア治療のために処方されることも多い薬です。
ジスロマックとの違いを知り、適切な薬を選択し、クラミジアを完治させましょう。

クラビットは幅広い細菌に効果を発揮するニューキノロン系抗生物質です

クラビットは「ニューキノロン系」に分類される抗生物質です。

ジスロマックは「マクロライド系抗生物質」ですが、クラビットは「ニューキノロン系抗生物質」と言って、別種の抗生物質になります。有効成分はレボフロキサシンです。
ニューキノロン系抗生物質の特徴は、体内動態(薬物動態)が良いことと、広域スペクトルであることが挙げられます。

クラビットは服用した分の9割以上が血中に取り込まれます

「体内動態(薬物動態)が良い」とはどういうことかというと、腸から吸収された薬が、効率よく血液に入ることをいいます。ニューキノロン系抗生物質は、服用すると90~95%が血液に吸収されます。そして、容易に尿道、前立腺、胆道、肺、呼吸器に移動します。つまり、これらの部位が細菌感染していた場合、きちんと感染部署に薬が届いて抗菌効果を発揮することが出来るということです。

クラビットは適応菌種が幅広い

「広域スペクトル」とはどういうことかというと、効果を発揮する菌の種類が多いということです。
クラビットが効果を発揮する菌種は以下になります。

  • クラミジア・トラコマティス
  • クラミジア・ニューモニエ
  • 肺炎マイコプラズマ
  • 本剤に感性のブドウ球菌属
  • レンサ球菌属
  • 肺炎球菌
  • 腸球菌属
  • 淋菌
  • モラクセラ( ブランハメラ)・カタラーリス
  • 炭疽菌
  • 結核菌
  • 大腸菌
  • 赤痢菌
  • サルモネラ属
  • チフス菌
  • パラチフス菌
  • シトロバクター属
  • クレブシエラ属
  • エンテロバクター属
  • セラチア属
  • プロテウス属
  • モルガネラ・モルガニー
  • プロビデンシア属
  • ペスト菌
  • コレラ菌
  • 緑膿菌
  • アシネトバクター属
  • レジオネラ属
  • ブルセラ属
  • 野兎病菌
  • カンピロバクター属
  • ペプトストレプトコッカス属
  • アクネ菌
  • Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)

レボクイン【クラビットジェネリック】

クラビットジェネリック

レボクインはクラビットジェネリック
「病院のお薬」クラビットの半分のお値段で、同じ効果のお薬を入手出来ます。
7シート:13,160円3,211円

クラビットの作用機序

細菌が生き続けるためには、どんどん増殖しなければなりません。そして細菌が増殖を続ける限り、感染者の症状は重くなります。感染者が回復するには、病気の元になっている細菌を、完全に死滅させる必要があります。

クラビットは、細菌が増殖するために「DNAを複製する」のを邪魔するかたちで細菌を殺します。
DNAは、二重螺旋のかたちをしています。このままでは複製出来ないので、DNAジャイレースという酵素が働きかけて、DNAの鎖をいったん切断します。そして、切断した部分のねじれをほどいたあと、再度接合します。
この、DNAの鎖を切断するDNAジャイレースの働きを邪魔するのが、クラビットの働きです。二重螺旋の切断と再接合が出来なくなると、細菌はDNAを複製出来ないので、死滅してしまいます。

ジスロマックとクラビット、どちらを使うべき?

運転をする必要がある場合はジスロマックで

ジスロマックもクラビットも、抗生物質の中では「効き目が強いのに副作用が少ない薬」と呼ばれています。ジスロマックとクラビットの共通の副作用は、消化器系の不調です。下痢、腹痛、腹部不快感、吐き気、嘔吐などが軽い副作用として報告されています。
この他、クラビットには頭痛、めまい、不眠といった中枢神経系の副作用が起こることがあります。運転の前などは止めておいた方がいいでしょう。

妊娠中、もしくは授乳中の女性はクラビットはNGです

妊娠中の女性、もしくは授乳中の女性は、クラミジア治療などでクラビットを使用することはNGです。クラビットの添付文書にも、「禁忌 (次の患者には投与しないこと) 」の項目に「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)」とあります。これはクラビットが、胎児や小児の骨の発育に影響を与えたり、歯に色素沈着を起こすと考えられているからです。

一方、ジスロマックは妊娠中・授乳中でも問題なく使用出来る薬とされ、実際に妊婦の性器クラミジア治療などに使用されています。
妊娠している、もしくは妊娠の可能性がある、または授乳中である女性は、ジスロマックを選択しましょう。

ジスロマックとクラビットの併用は医師の指導の下で

基本的に、種類の違う抗生物質は併用してはいけません。しかし、医師の判断により、クラミジア治療において、ジスロマックとクラビットを交互にし、一気にクラミジア菌を殺してしまうための処方がされることがあります。この場合は、医師の指導に従って、必ず指示された通りの量と回数で薬を飲み切って下さい。クラミジアの原因菌を完全に殺菌するための血中濃度を、医師が完全に計算した上での量が処方されているからです。

しかしながら、素人判断での抗生物質の併用は厳禁です。抗生物質は、効果は高いけれどリスクも大きい薬です。
ジスロマックは効果が長く続くことでも知られています。1回の服用で約7日間も薬効が続きます。その間に別の薬を飲んでしまうことは、ジスロマックの薬効を弱めたり、逆に強めすぎたりする可能性があります。絶対に止めておきましょう。

アジー【ジスロマックジェネリック】

アジー

アジーは「クラミジアの特効薬」ジスロマックのジェネリック薬です。ジスロマックと同じ成分と効き目でお値段は控えめです。
7箱セット:13,860円3,382円