ジスロマックはもっともポピュラーなクラミジア治療薬です

このページでは、ジスロマックについて解説していきます。
ジスロマックは細菌による感染症に非常に効果のある抗生物質で、クラミジアにもよく処方されます。
ジスロマックについて正しく理解した上で、効果的に使ってみて下さいね。
ジスロマック
1箱 3錠(3回分)
4.2
ジスロマック

早ければ3日ほどで効果を実感。ジスロマックでクラミジアを正しく治療しましょう。

ジスロマックは、まとめ買いがお得です!
販売価格
7箱セット 8,339円
5箱セット 6,153円
3箱セット 4,032円

内容量…1箱3錠
有効成分…アジスロマイシン(Azithromycin)
分類…マクロライド系抗生物質
製薬会社…ファイザー

ジスロマックってどんな薬?

比較的新しい抗生物質

ジスロマックは、比較的新しい抗生物質で、分類はマクロライド系です。主成分はアジスロマイシン水和物。細菌はタンパク質合成をしながらどんどん増える訳ですが、ジスロマックはこのタンパク質合成を抑えて菌を殺す仕組みのお薬です。
錠剤になっていますが、子どもが飲みやすいようにドライシロップやカプセルタイプのものも用意されています。

クラミジアの特効薬」とまで呼ばれる程、クラミジアの治療に高い効果を発揮しますが、ほかに肺炎、気管支炎、中耳炎、歯周病の治療などにもよく処方されています。

クラミジアに効果てきめん!

ジスロマックはクラミジアの原因となるトラコマティスを死滅させる効果が高い薬です。従来からあったクラリスロマイシンやクラビットのように胃の中で動きが鈍くなることなく、高濃度のまま作用するため、他の薬よりも早く効果が現れます

クラミジアに感染した時は、このジスロマックを1日1回500mgを、3日間で1.5gを服用します。この3日間でほとんど症状が回復します。症状や進行によっては、もう少し治療期間が長くなる可能性もありますが、そういった場合には医師に相談して、投薬期間を決めると良いでしょう。

ちなみに、1日1錠で3日間服用すれば、飲んだ人の体質により多少の差はありますが、22週間ほど効果が持続します。そしておよそ90%という高い確率で完治するという極めて高い効果を発揮してくれます。

副作用は少ないけれど、胃の弱い人は注意!

副作用も少ない薬ではありますが、まれに胃腸が弱い人が下痢したりする可能性があります。医師に申し出れば胃腸薬も一緒に出されることもあり、併せて飲むことで胃の荒れを防ぐことが出来ます。ただし、胃腸薬が効きすぎると逆に薬の吸収が悪くなるケースもあるので注意が必要です。

ジスロマック服用上の注意点

効果を弱める乳製品、アルコールとの併用不可

ジスロマックは、他の抗生物質と併用さえしなければ、特に注意すべき飲み合わせはないとされています。市販の風邪薬や鎮痛薬との併用も問題はありませんが、個人差はあるため、心配がある場合には医師に相談すると良いでしょう。

牛乳など乳製品との飲み合わせは、せっかくの薬の効果を下げることになるので、やめましょう。

当たり前ですが、アルコールと一緒に摂取するのはやめましょう。アルコールと一緒に飲むと、クラミジア菌への攻撃力が弱まり、効果が落ちたり、完治するまでの期間が長くなる恐れがあります。飲酒をする2時間前にはジスロマックの服用を終えておきましょう。

耐性菌要注意!決められた量と期間を必ず守って服用!

ジスロマックの中途半端な服用は、絶対にやめましょう
何故なら、クラミジアの原因菌にジスロマックに対する耐性をつけさせてしまい、治りにくくなってしまうからです。

クラミジアとジスロマックだけの話ではなく、いま世界中で耐性菌の出現が大問題になっています。
医師の指示通りの量と期間で抗生物質を飲まなかったせいで、抗生物質が効かない菌が発生させてしまうと、やがて「一切の抗生物質が効かない菌」が現れて、非常に由々しき事態になってしまいます。

飲むからには、菌を完全に死滅させ、完治させましょう
クラミジアは感染症であるため、貴方一人の問題ではないのです。このことを決して忘れないで下さいね。

ジスロマックと全く同じ効き目と成分のアジー

ジスロマックにはジェネリック薬品が存在します。ジェネリック薬品とは、新薬の特許がきれたあとに販売される薬で、同じ成分・同じ効果でありながら、開発費用がかかっていない分先発薬の約1/3程度の値段で購入が可能です。

ジスロマックのジェネリック薬で代表的なものは「アジー」です。服用方法も効果もジスロマックと同じです。海外では、既にアジーが主流となっており、個人輸入のサイトなどからインターネットを介して購入が可能です。