ジスロマックの飲み合わせ。注意が必要な薬品と食品の話

このページでは、ジスロマックと他の薬品、食品との飲み合わせについて解説していきます。
ジスロマックは飲み合わせの悪いものが少ない抗生物質ですが、注意が必要なものがいくつかあります。お互いの効果を弱めたり、強めすぎたりするものとの組み合わせは避けましょう。

ジスロマックは「飲み合わせが悪いもの」が少ない抗生物質

ジスロマックは、他の薬との組み合わせにより問題が起こりにくい抗生物質ですが、注意が必要な薬や食品はいくつか存在します。
飲み合わせが悪い」とは、ジスロマックとその薬や食品を一緒に摂ることによって、どちらかの作用が弱くなったり、逆に強くなりすぎたりする組み合わせのことを言います。弱まると折角の薬の効果が台無しになりますし、強すぎると思わぬ副作用に苦しむことがあります。安易な併用は避けるようにしましょう。

ジスロマックの治療別の服用方法

ジスロマックと市販の風邪薬

ジスロマックと市販の風邪薬は、一緒に飲んでも全く問題ありません。ジスロマックは、ほかの抗生物質との併用には注意が必要ですが、抗生物質を含んでいない市販の風邪薬となら併用OKです。

市販の風邪薬は「総合感冒薬」と呼ばれるもので、解熱鎮静剤・鎮咳去痰薬・抗ヒスタミン剤などの複合薬品です。抗生物質は医師と薬剤師しか扱えませんので、市販の風邪薬には含まれていません。

逆に、ジスロマックを服用中に酷い風邪で医師の診察を受けた場合はご注意下さい。医師にははっきりジスロマックを服用中であることを伝えて、併用しても大丈夫な薬を出してもらって下さい。

ジスロマックと市販の解熱鎮痛剤

ジスロマックと市販の解熱鎮痛剤との組み合わせも、全く問題ありません

店頭でよく見かける解熱鎮痛剤の有効成分は以下のようになっています。

バファリン
アセチルサリチル酸(アスピリン)
ロキソニン
ロキソプロフェンナトリウム水和物
イブ
イブプロフェン
ナロンエース
イブプロフェンとエテンザミド
ノーシン
イブプロフェンとアセトアミノフェン

これらの有効成分と、ジスロマックは薬効が被らないため、併用しても大丈夫です。

ジスロマックと市販の整腸剤

ジスロマックは副作用として下痢を引き起こしやすいという特徴があります。そんな時は以下の整腸剤と併用しても問題ありません

ジスロマックと併用して問題のない整腸剤
ビオフェルミン
セレキノン
正露丸

胃腸薬でも「胃壁を覆う」「胃粘膜を保護する」タイプの胃腸薬は、ジスロマックの吸収が弱まる可能性があります。以下の成分が含まれている整腸剤は、ジスロマックとの併用はやめておきましょう。

ジスロマックの吸収を弱める成分
MMSC( 塩化メチルメチオニンスルホニウム )
テプレノン
スクラルファートソファルコン

ジスロマックとの組み合わせに注意が必要な医療用医薬品

ほかの抗生物質との併用は基本的に禁止です

ジスロマックは「マクロライド系抗生物質」に分類されます。抗生物質は非常に作用の強い薬なので、併用が難しく、基本的に併用禁止という扱いになっています。

ジスロマックを服用中に病院で診察を受けた場合は、医師にジスロマックを服用中であることをはっきりと告げて下さい。診察を受けた内容に対して、医師が処方する薬を選定する際に大事な情報となります。

クラミジア治療ではクラビットなどと併用する場合があります

性器クラミジアの治療においては、医師の判断でジスロマックとクラビットが処方される場合があります。

クラビットは「ニューキノロン系」という、ジスロマックとは系統の違う抗生物質です。ジスロマックで効果が出づらいクラミジアだった場合、ジスロマックのあとにクラビットを使用する場合があります。
この場合は、服用期間、用量など、必ず医師の指示に従って服用して下さい。

ジスロマックと併用注意の薬剤

以下の薬剤は、ジスロマックの作用を弱めたり、逆に強めたり、または一緒にとった薬剤の作用が弱まったり強まったりするのでご注意下さい。

シクロスポリン
免疫抑制剤の一種。臓器移植手術の急性拒絶反応防止・膠原病・ネフローゼ症候群に用いられます。ジスロマックと併用すると作用が強まります。
ワルファリン
抗血栓薬の一種。簡単に言うと血が固まることを防ぐ薬です。ジスロマックと併用するとワルファリンの作用が強くなり、肝臓へ負担が掛かります。
ジゴキシン
強心薬の一種。心不全の治療に用いられる薬で、心筋の収縮力を強くし、速くなりすぎた脈を整えます。ジスロマックと併用すると作用が強くなりすぎることが知られています。
メシル酸ネルフィナビル
HIV/AIDS治療薬の一種。ウイルスの増殖を抑制します。ジスロマックと併用すると、ジスロマックの血中濃度が上がりすぎるため注意が必要です。
制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム)
胃酸を中和する作用のある胃腸薬の一種。胃の粘膜を覆ってしまうため、ジスロマックの吸収が妨げられることがあります。

牛乳とアルコールはジスロマックの効果を弱めます

薬との飲み合わせの問題はありませんが、牛乳など乳製品との飲み合わせは避けたほうが良いでしょう。身体機能に害を与えるわけではありませんが、効果を減少させる恐れがあります。

またアルコールとの併用により病原菌への攻撃力が弱まり、効果が落ちたり、完治するまでの期間が長くなる恐れがあります。飲酒をする二時間前にはジスロマックの服用を終えておきましょう。

ジスロマック【クラミジアの特効薬】

ジスロマック

ジスロマックはクラミジアの特効薬
歯周病やマイコプラズマ肺炎にも効果を発揮します。
7箱セット:24,360円16,303円

クラミジア検査キット【高い検査精度】

クラミジア検査キット

自分で出来る便利なクラミジア検査キットです。
しかも検査精度は病院とほとんど変わりません
3箱セット:8,940円6,750円