ジスロマックの下痢や嘔吐の副作用について

このページでは、ジスロマックの副作用について解説していきます。
抗生物質は副作用のあるものが多いですが、ジスロマックは本当に少ない便利な薬です。アレルギーを起こす心配もほぼありません。しかし、薬であるからには薬効と同時に副作用があるということは当たり前のことです。
このページでジスロマックの副作用について知り、ジスロマックで安全にクラミジアの治療に取り組んでみて下さいね。
ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。

ジスロマックは副作用がとても少ないことで有名

ジスロマックは抗生物質の中でも比較的副作用が少ない、体に優しい薬として知られています。他の抗生物質、例えば細菌感染症に有用なペニシリン系やセフェム系は、人によってアレルギー反応が出てしまうことがあります。アレルギーは命に関わる場合があるため、飲めない人もたくさん存在していました。
しかし、ジスロマックはアレルギー反応が少ないので、ペニシリン系、セフェム系の抗生物質の使用を諦めていたかたも安心して使うことが出来ます

飲み合わせが悪い薬も、ほとんどありません。ほかの抗生物質と一緒に使う時だけは注意して下さい。医師の指示に従いましょう。
食品も、「ジスロマックの効果を弱めてしまう」という理由から、一緒に摂らない方がいいものは存在しますが、一緒に摂ることで体調が悪くなる、というようなものもほぼありません。

しかしながら、ジスロマックも薬である以上「副作用ゼロ」ではありません。当たり前ですが、全ての薬には効果と副作用があります。
ここでは、ジスロマックの副作用として、これまで報告があがっている例を見ていくことにします。

ジスロマックの軽い副作用とは

もっとも報告が多い副作用は、下痢です。実はジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは、下痢を引き起こしやすい性質を持っています。服用中に胃を縮めたり、消化液を分泌を促進しやすいためです。特に胃腸が弱い人は、このジスロマックと一緒に整腸剤を処方してもらい、同時に服用すると良いでしょう。とは言え整腸剤や胃腸薬は、飲みすぎるとジスロマックの効果を弱めてしまうので、ご注意下さい。

ジスロマックは「効果が長い薬」として有名です。飲んだあと1週間以上も効果が続きます。そのため、飲んでかなり経ってから副作用が表れてくることがあります。また長く効いているということは、副作用が起こった場合、そちらも長引いてしまう可能性があるということででもあります。

ジスロマックを服用後、何やら調子の悪いことが起こっている、という場合は、迷わず病院で医師の診察を受けて下さい。その際、もちろんジスロマックを使用中であることを、はっきりと医師に伝えて下さいね。
ジスロマックは胃腸を動かす効果のある薬であるため、下痢のほかには胃痛・吐き気などが表れる場合があります。

極めてまれな重篤な副作用

また、発生率は極めてまれですが、重篤な副作用もいくつか報告されています。
初期症状に注意し、おかしいと思ったら迷わず医師の診察を受けて下さい。その際は、ジスロマックを服用したことを、はっきりと医師に伝えて下さいね。

アナフィラキシーショック

アレルギーに対する反応が急激に起こる状態のことをいいます。命に関わることもある危険な兆候です。
顔や皮膚が赤くなる、息苦しい、じんましん、顔面蒼白、意識が飛びそうになるなどの初期症状が起こったら、即病院へ!

不整脈

ジスロマック服用後同期が激しくなるなどの変化が現れた際は、副作用の疑いがあります。

血液成分以上

兆候としておかしな出血が表れますので要注意。鼻血、歯茎の出血、血豆や青あざなどの皮下出血が見られたら即病院へ行きましょう!

横紋筋融解症

筋肉を作っている骨格筋細胞に融解や絵師が起こり、筋肉の成分が血液の中に流出してしまう病気のことです。腎臓に負担がかかるため、重症の場合には腎機能低下、腎不全などが起こります。
継続的な手足のしびれが起こったら、即刻医師に相談して下さい。

急性腎不全

横紋筋融解症が元で起こっている場合があります。排尿量が極端に減ったり、尿が全く出なくなっちゃり、尿の濁りや血尿が見られたら、即病院行って下さい!

肝機能障害

茶褐色の尿が出たり、吐き気、だるさ、急に食欲がなくなるなどの症状があったら、肝機能に異常が発生しているかも。すぐに病院に駆け込んで下さい。

大腸炎

激しい腹痛や血便などの症状になって表れます。

間質性肺炎

何だか息苦しい、空咳が続くなどの症状がある場合は注意して下さい。

ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。