性器クラミジアの症状は見逃しやすく、特に女性は要注意!

このページでは、性器クラミジア感染症の症状について解説していきます。
性器クラミジアは、現在日本で最も多い性感染症で、2位、3位の淋病、性器ヘルペスに比べて文字通り桁違いの多さです。ここまで広がってしまった原因のひとつに、性器クラミジアは初期症状を自覚しにくいということがあります。男性と女性で症状に違いがあり、特に女性は気付きにくいと言われています。
このページでは、性器クラミジアの男性の症状・女性の症状を解説していきます。

男性に見られる性器クラミジアの症状

分かりやすい男性の性器クラミジアの初期症状。膿に注意

クラミジアは、女性に比べて、男性の方が初期症状を自覚しやすい病気です。感染してから、約1~2週間の潜伏期間を経て、とても小さな身体の変化が初期症状として現れるので、それを見逃さないことが重要です。

最初に現れるクラミジアの症状は、尿道の違和感です。これは尿道炎という症状です。さらに尿をするときに痛みを感じるようになります。沁みる、性器が熱を帯びるなどの症状が現れたら要注意です。この段階では、クラミジアに初めて感染した人は、それほど注意を払わないかもしれません。

クラミジアの次の段階では、排尿時の痛みが続いた後で、透明の膿が尿道から出てくる症状が現れます。膿は、クラミジアに限らず、淋病を始めとする他の性病に感染したときにも、尿管から出てきます。しかし、クラミジアに感染した時の膿は、淋病ほど量が多くなく、しかも透明でサラサラしているため気付きにくいという難点があります。なので、尿道の痛みを自覚したら、自分の尿の状態に注意を払っておくとよいでしょう。

尿道から前立腺へ進行。前立腺へは抗生物質が届かない!

さらに症状が悪化すると、クラミジアの菌が尿道の奥へと進んでいきます。その行着く先には前立腺があります。前立腺は男性にとって大切な器官で、簡単に言うと精子に栄養を与える働きを担っています。前立腺には抗生物質が届きません。そのため、前立腺にはクラミジアの菌が長期間にわたって潜伏し、成長していきます。

クラミジア菌は前立腺炎を引き起こし、さらにその先にある睾丸へ波及していきます。前立腺は異常をきたしても、自覚症状がないという恐ろしい特徴があります。そのため、こちらもクラミジアの初期症状同様、気が付かないままに病状が進行し、深刻化する可能性があるのです。
最終的に、睾丸が腫れて発熱するという症状が現れたら、かなり急を要する事態になります。こうなったら、即病院行です。

女性に見られる性器クラミジアの症状

女性は性器クラミジアの初期症状を見落としがち

女性は男性よりも、性器クラミジアの症状がはっきりしないため、感染に気付かず放置したまま重症化する可能性が高くなります。

女性が性器クラミジアに感染すると、おりものが増加するところから始まります。性器のかゆみや性器の臭いが気になったり、性交時に痛みを覚えるようになったりしたら、危険信号です。やがて下腹部に痛み覚えるようになって不正出血を起こすようになります。
女性がこれらの初期症状を見逃しがちなのは、感染とは関係のない婦人科系の不調でも、似た症状が起こることが多いからです。生理不順など、婦人科系の軽い不調を慢性的に抱えている女性は、いつものこととして見逃してしまう確率が高くなります。

しかし、素人判断で「いつものこと」と放置してしまうのが一番危険です。
いつもよりおりものが多かったり、痛みが強い、不正出血が見られるなどの症状が現れたなら、クラミジアを疑ってみましょう。

不正出血の段階を更に放置すると、クラミジア感染が子宮頚管へと拡大し、卵巣へと到達します。そしてクラミジア感染した箇所が炎症を起こし、癒着してしまうと、不妊症になってしまうこともあります。
更に身体の奥へとクラミジアの菌が進んでいって潜伏すると、非常に厄介です。深部は薬が届きにくく、治療が難しくなる上に、激痛など激しい症状を伴うことがあります。

クラミジア感染が原因の肝周辺炎は、劇症であることが知られています。性器から始まったクラミジア感染が、骨盤腔から腹腔内へと広がり、肝皮膜に到達することにより発症する病気なのですが、右上腹部の激烈な痛みが起こります。「夜も眠れない」「痛くて体を伸ばせない」「救急外来を使った」などの体験談をネットで沢山見つけることが出来ます。

ここまで重症化させると、治療は大変だし、完治までに時間もかかります。性器クラミジアは早期発見・早期治療が肝心です。おかしいと思ったら迷わず検査しましょう。

性器クラミジアに感染した状態での妊娠に注意

性器クラミジアは非常に初期症状を見逃しやすいため、感染したことに気付かぬまま、妊娠をしてしまうケースが増えています。特に20代の若い女性ほど、子宮頚管が広いことで感染しやすいため、注意が必要です。
国立感染症研究所によれば妊婦の3~5%がクラミジアに感染しているといいます。妊娠後の検診で初めて性器クラミジアの感染に気付き、驚くパターンが増えています。

妊娠時の感染は、自分だけの問題ではありません。何故なら出産時に産道を通る過程で新生児にも感染してしまうからです。妊娠中にもし性器クラミジア感染が判明した場合は、お産までに必ずクラミジアを治してしまいましょう。
またこれから子供を持つ計画のある方は、妊娠する前に、必ず性器クラミジアの検査を受けておきましょう。そこでもし性器クラミジア感染が判明したら、性器クラミジアの完治が確認されるまで、妊娠は止めておきましょう。

地域の保健所では無料検査を行ってくれますし、婦人科のクリニックでも性器クラミジア検査と治療の相談を受け付けています。もし、クリニックや保健所で検査を受けることに抵抗を覚えるならば、市販のクラミジア検査キットを利用してもよいでしょう。病院とほとんど変わらない検査精度で、15分で結果が分かるようになっています。

クラミジア検査キット【高い検査精度】

クラミジア検査キット

自分で出来る便利なクラミジア検査キットです。
しかも検査精度は病院とほとんど変わりません
3箱セット:8,940円6,750円

性器クラミジアは感染者数ナンバーワン、女性感染者が多いのも特徴です

性器クラミジアは、現在日本で最も感染者数の多い性感染症です。厚生労働省の発表によると、平成28年の総感染者数は24,396人で、男性が11,723人、女性が12,673人です。同年の淋病の総感染者数が8,298人、性器ヘルペスの総感染者数が9,174人ですので、文字通り桁違いの多さとなっています。

性器クラミジアが大流行してしまった原因のひとつに、「性器クラミジアは初期症状を自覚しにくい」という特徴があります。特に女性は無症状であることも珍しくなく、自分が感染していることを知らずに、どんどん性器クラミジアを広めてしまうという事態も発生しています。

性器クラミジアは細菌による感染症ですので、自然治癒は絶対にしません。薬で原因菌を死滅させてしまう以外に治療方法はありません。放置したまま病原菌が体の奥に進んでしまうと、抗生物質が届かない箇所が感染して治療が非常に困難になるばかりか、激痛を伴う肝周辺炎など、症状も重症化します。また不妊症など、別の問題を引き起こす場合もあります。

一方で性器クラミジアは、感染初期なら薬を飲むだけで簡単に完治させることが出来る病気でもあります。
治療の第一歩は、感染に気付くことです。男女別の性器クラミジアの症状を知り、少しでもおかしいと思った時は積極的に検査してみて下さいね。

アジー【ジスロマックジェネリック】

アジー

アジーは「クラミジアの特効薬」ジスロマックのジェネリック薬です。ジスロマックと同じ成分と効き目でお値段は控えめです。
7箱セット:13,860円3,382円

性器クラミジアの症状を把握する必要性

性器クラミジアは治療せずに放置すると重症化します

性器クラミジアは自覚症状が乏しいため、感染に気付かずに放置しがちな病気です。「自覚症状がないなら辛くもないのだから、治療の必要はないのでは?」などと、安易に考えるのはご法度です。何故なら性器クラミジアは、重症化すると激痛などの厄介な症状が現れるばかりか、ほかの病気に罹りやすくなったり、治療が困難になったりするからです。

性器クラミジアは残念ながら自然治癒は絶対にしません。放置したままでいると、男性は前立腺へ、女性は子宮へと菌が進んで、重症化します。
女性の場合は子宮内膜症や卵管炎を誘発し、不妊症の原因にもなります。男性は前立腺炎と合併し肝周囲炎なども併発してしまいます。ちなみに、肝臓の裏側にクラミジアの菌が到達して起こる肝周辺炎は、身動き出来ない程の激痛に見舞われることがあります。

性器クラミジアの合併症でHIV感染!?

ひとつの病気がきっかけで、別の病気にも罹ってしまうことを「合併症」と言います。性器クラミジアの非常に恐ろしい合併症の一つに、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染リスクが一気に高まるということがあります。

性器クラミジアになると、性器が常に炎症を起こしている状態になります。炎症の箇所から血液中にHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が入り込み安くなるため、性器クラミジア感染者は、感染していない人に比べて、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染リスクが3~4倍になると言われています。

性器クラミジアの感染に気付いたら、直ちに治療を開始し、一刻も速い完治を目指して下さいね。

性器クラミジアはパートナーと一緒に治療を

クラミジアは性病=性感染症なので、パートナーとの性行為やオーラルセックスなどを介して、お互いの粘膜間で感染します。そのため、大切なパートナーに感染させてしまうことも珍しくありません。

性器クラミジア検査をし、もしも感染が判明したら、必ずパートナーと一緒に治療に取り組んで下さい。パートナーが治療をしないままだと、何度も同じ相手から感染してしまう「ピンポン感染」が起こります。そんな悲劇を避けるためにも、きちんと二人で話し合い、一緒に検査と治療に取り組んで下さいね。そして性行為の再開は、両方の完治が確認されてからにしましょうね。

性器クラミジアの厄介なところは、はしかなどの感染症とは違って、完治したあとで免疫が出来ないことです。そのため、何度も感染と発症を繰り返すという深刻な事態にもなり得ます。ですので、性器クラミジアの症状が再び現れた時には注意が必要になります。

ジスロマック【クラミジアの特効薬】

ジスロマック

ジスロマックはクラミジアの特効薬
歯周病やマイコプラズマ肺炎にも効果を発揮します。
7箱セット:24,360円16,303円