クラミジアの治療には、投薬治療が効果的です。

このページでは、クラミジアの治療について解説していきます。
クラミジアの治療は、体内のクラミジア菌を死滅させることが重要になります。抗生物質の投与が一般的ですが、眼への感染の場合は点眼薬や軟膏が処方されることもあります。
治療中は決められた薬をきちんと全部飲むことが非常に重要です。中途半端な服用は、クラミジア菌に抗生物質に対する耐性を与えることになり、非常に危険です。忘れずに服用し、綺麗に治してしまいましょう!
ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。

クラミジアの治療方針

クラミジアは自然治癒の可能性はほぼありません。必ず医療機関で治療を受けなければなりません。
クラミジアの治療とは、原因となる菌を死滅させることです。そのため、抗生物質の投与が中心となります。

投薬による治療が一般的

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという真正細菌によって引き起こされる感染症です。
これらの最近は、タンパク質の合成を行うことによって増殖します。そのため、治療にはその働きを抑えることによって殺菌する薬が用いられています。

喉と性器への感染には、服用するタイプの抗生物質が処方されます。眼の感染の場合は、専用の点眼薬と軟膏も処方されることがあります。

服用する代表的な薬は、ジスロマックと、ジスロマックのジェネリック薬であるアジーです。

クラミジアの治療薬

ジスロマック

真菌やグラム球菌を殺菌する作用のある抗生物質です。
真菌(カビ)や性病のクラミジア、マイコプラズマなどの細菌が増殖していく働きを抑え、殺菌する効果を持っています。
耳鼻咽頭科、耳鼻科、皮膚科、呼吸器科など多くのクリニックで処方されている、信頼のおける薬です。
一度の服用で効果が持続する時間が長いため、一度の服用で十分な効果が期待出来ますが、インフルエンザウイルスや風邪のウイルスには効き目がありません。ご注意下さい。
製造はアメリカ合衆国のファイザー製薬です。

アジー

多くのクリニックで使用されている抗生物質、ジスロマックのジェネリック薬です。有効成分はアジスロマイシン。淋病、梅毒などの性感染症にも有効です。
効果が高いのに値段が安価な、非常に役に立つ薬です。
製造はインドのシプラ社です。

治療期間は1~2週間、薬の服用はきちんと!

処方された薬は「必ず」全部飲むこと

クラミジアの治療期間は1~2週間です。飲んだ薬が腸から血液に入り、体中を巡るのにそれだけの時間がかかるからです。
ジスロマックの服用は一度ですが、その他の薬は7日分処方されます。これらの薬は、必ず忘れずに毎日飲んで下さい。

中途半端な服用は「耐性菌」のもとになって危険!

薬の服用を忘れたり、勝手にやめたりすると、クラミジア菌が抗生物質に対して耐性を持ってしまう危険性があります。そうすると完治しにくくなりますし、抗生物質の効きづらい菌を、また誰かに感染させてしまったら一大事です!
クラミジアは伝染する病気ですので、貴方一人の問題ではないところが恐ろしいところです。
くれぐれも医師の指示を守り、きちんと薬を服用して、完治を目指しましょうね。

ポピュラーなクラミジア治療薬
ジスロマックの通販
ジスロマック
ジスロマックは、日本でもっともポピュラーな抗生物質です。クラミジア感染によって生じる痛みや炎症を和らげる働きも持っている比較的新しい治療薬です。